衛生害虫に関する事なら【衛生害虫navi】にお任せ下さい!

会社概要

お見積り・無料相談はコチラ。衛生害虫駆除のプロが対応いたします。
  • 選ばれる理由
  • 衛生害虫naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

海外の南京虫

人のあるところに南京虫あり

家のさまざまなすき間に生息し、暗くなったとみるや人間の血を求めて大量に湧き出す南京虫。
想像するだにおぞましい光景ですが、この害虫のおぞましさにはオマケがあります。人を刺して存分に血を吸うと、大量の糞をするのです。
人だけならまだしも、家の床やベッドやマットレスまで汚しに汚し、やがて明らみとともに巣とするすき間に帰っていく……。聖人でも眉をひそめたくなるような生物なのです。

この神の創りたもうたおぞましい生物の被害を受けているのは、住宅だけではありません。
海外では、ホテルなどの宿泊施設における南京虫の発生も大きな問題になっていたのです。
南京虫は建物という建物に発生の可能性があるのです。人間のいるところ、すき間のあるところ、どこにでもひそんでいる可能性があるのです。
ホテルだけでなく、映画館や寮や、ネットカフェや保養施設など、人の出入りのあるところには南京虫の影が、見え隠れするのです。

ホテル経営と南京虫

たとえばホテルのある部屋で南京虫が発生してしまえば、その部屋は完全に駆除しきることが出来るまでは封鎖する必要があり、ホテル経営にとっては大きな打撃です。
また、発生が認められたベッドやマットレスも処分しなければならず、捨てるときにもビニールでの梱包が必要など、どこまでもはた迷惑な害虫なのです。

ホテル経営ということで言えば、訴訟がひんぱんに起きることで知られる海外のいくつかの国では、宿泊客が南京虫の発生を理由に裁判沙汰を起こすなどのダメージも襲うことになったのです。